Dark blueの絵日記

ハロプロ関連の記事が主。後は将棋と猫を少々

りんご 最終章 六

アイドル

 としこが外の寒さに震えていると、
ジェラード警部がやって来て、
ポリス用のジャケットを持って来て着せてくれた。
とても暖かくて、警部の優しさに胸がいっぱいになって
何度も頭を下げた。

 警部はとしこの側に立つと煙草を吸ってもいいかと
たずねたので、
としこはどうぞ。と、うなずいた。

シアター内の爆弾処理には時間がかかっているようだった。
まだ爆弾とはわからないようだけど。

警部はとしこに、ゆっくりとした話し方で、

「あなたは、アイドルなんですね」

「はい。イエス・・・」

警部の意外な質問に、としこは少し戸惑っていた。

 

「あなたは日本のアイドルの、サユ・ミチナガを知っていますか?

何年か前にグループを卒業したと聞いてるけど」

 

としこは警部の「サユ・ミチナガ」と言う名前に驚いて、

「もちろん、知っています!道長さんは同じ事務所で
私達の大先輩で、今では伝説のアイドルとして
私達は非常に尊敬しています。今はアイドルとして復帰

されています」

 

「そうですか。サユは復帰してたのか・・・。

彼女のグループが2009年にこのロサンゼルスの

LAコンベンション・センターでの
ライブに出演した時の事をよく憶えています。
その時私は会場の警備を任されていたのです」

f:id:meiberu:20190424180041j:plain

f:id:meiberu:20190424180105j:plain


 

その頃としこは12、3歳ぐらいの頃でアイドルに
なりたいと夢見ていた頃で、道長沙由さんの事は
憧れの存在だった。

 

「その頃、妻と別れたばかりで」
警部は、「リコン」と日本語で言った。

「娘と同じ年頃のミチナガさんの歌を聴いて、
どんなにかイヤサレました・・・」

 

としこは何度も大きくうなずくと、興奮気味に、
「そうでしたか!それを聞いてすごく嬉しいです」

その時、警備の警官に伴われてマネージャーがこちらへ
やって来た。

ジェラード警部は煙草をもみ消すと携帯用の吸殻入れに
しまって、パトカーの方へ歩いて行った。

 

f:id:meiberu:20190424164150j:plain


としこがマネージャーに起こった事を詳しく話していると、
シアターから宇宙飛行士のような装備の爆弾処理班が
出て来るのが見えた。

腕時計を見ると、午前4時頃だった。
警部達が到着してから、約三時間以上が立っていた。

 

警部は処理班と話していたが、それから帰り際に
マネージャーと、としこに言った。

「分解して処理した結果、あれは単なるスマートフォンだった」

 

としこは心から安堵して、
「そうでしたか・・・でも、なんでスマホを座席の裏に?」

ジェラード警部は、わからないという風に首を振った。

としこは、あれを発見した時の事を思い出した、
その時は爆弾だという恐怖で何も考えられなかったけど、
今思えば触った時何だか、なじみがある手触りだと思えた。
スマホなら手になじみがあるはずだった。
それを警部に言うと、警部は、

 

「いや、たとえなじみのあるスマホに見えたとしても
安全とは限らない。今はライターぐらいの小さい爆弾でも
このシアターのように密閉された観客席でもし爆発したら
数百人の死傷者が出るくらいの威力のある高性能の爆弾が
あるのだから油断は出来ない」

それを聞いてとしこは改めて恐怖を感じた。

としこは暖かったポリスジャケットを脱ぐと警部に丁寧に
お礼を言って返した。

ジェラード警部はうなずいて受け取ると
パトカーに乗り込んで走り去って行った。

 

としこはマネージャーに、
「あの警部さん、道長さんの歌を聴いた事があるって。
10年前に」

「はああ?」


その後、マネージャーはとしこにパーカーと毛布を渡すと、
「もうホテルへは帰る時間も無いし、ここに籠城するよ」

としこはシアターの中に入り、あのスマホが貼り付けてあった
座席の所に行ってみる。

あの座席のあった場所だけがポッカリと無くなっていた。

爆弾処理班は、あの座席を慎重にたっぷりと時間をかけて
バラバラに分解したのだと思った。
その後、スマホも同じく分解したようだ。

入場がが始まって、あの座席番号のチケットを持ったファンが、
自分の座席が完全に無くなっているの知って驚くだろうなと思う。

 

つづく。

 

りんご 最終章 五

Bomb

ジェラード警部達は再度シアターの爆弾の捜索を
念入りに行ったが、爆弾は発見されなかった。

午前0時頃になって、警部達は徹夜で警備をする警官らを残して
いったん市警へ戻った。

マネージャーも心身とも疲労困憊した風で、
ホテルへ戻る事になり、としこに、

「さあ、帰ろう。明日は早朝から通し稽古がある。
少しでも寝とかないと」

としこは首を振った。
「私は残ります。とてもホテルで寝ていられません」

マネージャーは呆れたようにとしこを見たが、
諦めてとしこを残して出て行った。


ひとりになると、としこはステージに立って観客席を見た。
前部にスタンディングのスペースがあるが、その後ろに
座席が並んでいる。

降りて行き座席のひとつに腰を下ろした。
明日の事を考えていた。
何としても明日の公演をやり遂げたい。それだけを願った。

その前にりんごの結婚式が教会である。
結婚式が公演の前に行われるのがせめてもの救いの
ような気がした。

ふとジェラード警部達の座席の捜索の様子を思い出した、
ここの座席は、日本の会場のように座る部分が上がらないで
最初から下がったままだった。

だから捜索の様子は懐中電灯で座席の足元を照らして
見ていた。
としこはふと思った座席の下、裏側の部分はどうだろう、
もし爆弾を座席の裏側に貼付けたらとしたら、
見逃される事があるかもしれない。

としこは立ち上がり通路側の席から座席の裏側に
手を差し込み触って確かめて行った。
一列を終り、後ろの席が千席以上あるのを見て、
一人でやるには大変な事だと思ったが、
たとえ朝までかかったとしてもやらなくてはいけないと
感じた。

 

端から五番目の座席の裏側に手を差し込んだ時、

それがあった。何かが指に触れた。

 

全身が「総毛立つ」という意味を文字通り肌で感じた。
同時に心臓の鼓動が驚くほど高く全身に響くように聞こえる。

爆弾。だと思った。

すぐに思ったのは、それが爆弾だとしたら明日の公演は
中止だと言う事だった。
思わず引っ込めた手をもう一度そろそろと伸ばして
触ってみた。

そんなに大きく無く、厚くも無く角ばった感じだった。
テープのような物で貼り付けてるようだった。

それを取り外して外へ捨てに行く事を考えた。
誰にも知られずに。

でも、いったいこの何も知らないロサンゼルスの何処に
捨てるというのだろう。
もし途中で爆発したら、自分ひとり死ぬだけではすまない。

頭を強く振ってその考えを振り払い、立ち上がり外の警備の
警官に知らせに行く。

知らせると言っても、頭が真っ白になっていて、
ただでさえ英語は苦手なのに、「座席」という単語が
わからない。
何とか身振り手振りで懸命を伝えようとした、
そして、爆弾をボンバーと思い出し、

座った身振りをして、お尻に手をやって
「ボンバー」と言った。

ようやく警官はその意味がわかったようで、
すぐにパトカーの無線でジェラード警部に連絡をとった。

少しして、何台ものパトカーがサイレンを鳴らしながら
到着した。そしてパトカーとは違う小型のバスのような
車から、まるで宇宙飛行士ような格好の二人が降りて来た。

爆弾処理班のようだった。

 

f:id:meiberu:20190424022514j:plain

 

ジェラード警部がやって来て、
興奮した面持ちで早口で喋り出したが、としこには
ひと言もわからない。
通訳の人が飛んできたので、
としこは深呼吸した後、座席の裏側に手を差し込んで調べたら
何かが貼り付けてあったと説明した。

ジェラード警部は、すぐさま部下の警官に指示をする。

「この前の道路一帯を封鎖して通行する車、歩行者らを
通行禁止にしろ!それとシアターのまわり半径
三百メートル以内の建物の住人を叩き起こして安全な
場所に避難させろ!そしてシアター内の人間を残らず
外に避難させるんだ」

防護服の爆弾処理班がシアターに入って行った。

としこはシアターから離れた外に避難したが、
夜ともなると外に居ると体が小刻みに震えるほどの
寒さだった。

そしてホテルのマネージャーに連絡する。
マネージャーは眠そうな声で返事をした。
寝入ったばかりのようだった。

としこが事の次第を話すと、息をのんで聞いている。
すぐに来ると言った。
外が寒いので自分のパーカーと毛布を持ってきて欲しいと
お願いする。

振り返ってシアターの方を見ると、
雲が切れて月明かりにシアターの高い建物が浮かび上がっていた。

つづく。

『#授業中の手紙』第3話・和田桜子

 

 

 

スカパー!朝のTwitterドラマ(超短編)

第10作『#授業中の手紙』第2話
主演:#和田桜子(@kobushifac_uf)
脚本:#せきしろ#スカパーTwitter朝ドラ#家を楽しくするのはテレビだ#スカパー#こぶしファクトリー pic.twitter.com/rtc5iTqHFT

— 【公式】スカパー! (@sptv_fan) 2019年4月22日

アンジュルム

りんご 最終章 四

爆破予告


ジェラード警部の言葉を通訳は、

「今朝市警に電話で爆破予告の通告があったそうです」

ディレクターは眼を剥いて、
爆破予告ですか?!この会場をですか!」

 

「間違いなくこのシアターに時限爆弾を仕掛けたという
爆破予告があったそうです。だから、明日午後に予定されている
コンサートを中止するようにと言っています」

「これは過激派のテロですか?!」

アメリカでは、銃撃によるテロで多数の死者が出る事件が
多発していますが、爆弾によるテロも過去にオリンピックや、
ラソンの会場、地下鉄などで多数の人が集まる場所での
爆弾テロで多くの死傷者が出ています」

 

すぐさま、この会場は封鎖され爆弾処理班を含む多数の警官に
よって時限爆弾の捜索が行われ、
公演の関係者スタッフは、終わるまで外に退避させられた。

 

マネージャーは日本の事務所に連絡を取り、
としこも、ホテルにいるメンバー達には爆弾の事は伏せて
通し稽古は遅れるからホテルで待機してるようにと連絡する。

としこは、突然降って湧いたような出来事に混乱して
ただただ公演が中止されるかもしれない事に
不安と心配でいっぱいだった。


ようやく爆弾の捜索が終了したのは、夕方近くなってからだった。

ジェラード警部が公演のスタッフ達を集めると、

 

「時限爆弾は見つかりませんでした。会場内くまなく、観客席の座席の下もすべて捜索しましたが、見つかりませんでした。
しかし、安心は出来ません。爆弾はこれから仕掛けられるかもしれない。これからやれる事はひとつしか無い。ライブ公演を中止する事です」

 

としこはマネージャーに聞いた、
「もし公演が中止になったら、もうロスでは出来ないのですか?」

マネージャーはうなずくと、
「ロス公演は一度だけだ。スケジュール的にこのまま
帰国するしか無い」

マネージャーは日本の事務所に捜索の結果と、ジェラード警部の
言うように中止するのかその判断をどうするか、
再度を連絡を取った。


やがてマネージャーは戻って来ると、
「日本の事務所は、捜索の結果爆弾が見つからなかったという事は
いたずら目的の爆破予告も考えられるという事で、
公演は出来うるならば、予定通り行いたい。
この公演を楽しみにしているアメリカのファンも
たくさんいるのだから。との事でした」

 

ジェラード警部は、厳しい眼でマネージャーを睨むと、
「もし、このシアターで爆発が起これば、多数のアメリカ人の
ファンが犠牲になり」
警部はとしこを見ると、

「このライブ公演の演者は年若い少女達と聞いたが、
その女の子達をも犠牲にするつもりなのかな・・・」

 

としこは、口を開いた。

「公演が卑劣な爆破予告によって中止せざるをえないのは、
非常な悲しみであり、つらい事です。しかし、
最優先しなくてはいけないのは、アメリカのファンの
安全を第一に考えなくてはいけないと思います。
少しでも危険な事があるのなら、この公演は、
やれないと思います」

ジェラード警部はそのとしこの言葉を聴いて
大きくうなずいた。

 

黙って聞いていたマネージャーは口を開くと、

「その点について日本の事務所の責任者の考えは、
公演は明日の午後とまだ少し時間があり、
それまで再度爆弾の捜索と予告犯の捜査をギリギリまで
行って貰い、爆弾の発見や予告犯の特定がなされたら、
公演は中止します。
爆弾が見つからなく、犯人も特定出来ないならば、
いたずらの可能性がありとして、公演を行いたい。
という事でした」

ジェラード警部はそれを聞いてじっと腕組みをして
眼を閉じて考え込んでいた。

「もちろん、会場の内外を警察によって厳重な警備体制
敷いて欲しい。との事でした」

ジェラード警部はギロリと眼を開けると、

「よろしい。爆弾の再捜索と公演が始まるまでの厳戒体制と
犯人の捜査を、全力で行う事をを約束しましょう。
それで安全と判断出来れば、公演を許可します」

 

マネージャーはほっとしたような表情を見せた。
ジェラード警部は厳しい表情でつけ加えた。

「しかし、少しでも危険な兆候が見つかれば、
ただちに公演の中止を勧告します。いや、勧告では無い、
Command!命令です」

ホテルのメンバー達には通し稽古は今夜は無理で、
明日早朝に行うと伝える。

マネージャーはジェラード警部の返事を事務所に
伝えるために行った。

 

としこは、ジェラード警部にもしこの後爆弾が
仕掛けられるとしたら、何処が危ないのでしょうかと、
聞いた。

警部は、
「いい質問だね。会場内は全て捜索した。しかし明日になって
一番危険な場所は客席だ。
今は安全でも明日の公演には、客席にファンが大勢入って来る。
開幕の直前にチケットを持った不審人物が爆弾が入った鞄を
持って座席の下にそれを置いて出て行くかもしれない」

としこはため息をついた。

「ステージからは、少し暗くても客席のファンがよく見えるんです。
鞄を置いて出て行く人がいないか気をつけます」

警部は不審人物がいたらただちに自分に知らせるようにと
携帯の番号渡すと、
「だから、万一爆発が起きた時舞台にいたら前から爆風がくる。

前が一番危ない。姿勢を低くして後ろに逃げなさい」


明はロスの友人と夕食を共にしていた。
明日の結婚式が終わった後はりんごのライブがあるけれど、
出来たら新妻のライブを観たいけど、色々予定があって
観に行けないなと思っていた。

そのアメリカ人の友人は食事の手を置くと、

「ちょっと気になる事があるのだけど」
「なんだい?気になる事って?」

「新聞記者の友人なんだけど、さっき電話で話した時、
あるシアターの前を車で通ったら劇場の前に
パトカーが何台も止まっていて、大勢警官が出入りしてるんだ。
不審に思ってシアターに入ろうとしたら警官に入れないと
止められたと言うんだ。君のフィアンセはロスには
結婚式の他に劇場でライブをしに来たと言ってたよね」

彼はそのシアターの名前を言った。その名前は聞いた事があった。

ただちにとしこに連絡を入れる。
幸いとしこはすぐに出た。

友人の話を言うと、
としこは、少し言いよどんでいたが、
「すみません。今は何も言えないんです。
たとえ明さんでも・・・」

明は背中が冷たくなるのを感じた。
何か異様な事が起きてる。あるいは起きかかってる。

「明日の式が終わっての公演だけど、観に行きたいのだけど」

「ダメです!」

としこの鋭い言葉に、嫌な予感がして、

「いや、どうしても観に行きたいんだ。せめて会場にでも
入りたいのだけど・・・」

としこはしばらく黙っていたが、
「もしあなたの身に万一の事が起きれば、りんごが悲しむわ」

明は声を上げて、
「いや、りんごを絶対に悲しませない!それに、
りんごの身に万一の事が起きた時、その場におれなかったら
俺は死ぬよりつらい」

としこは吐息をつくと、
「わかりました。関係者席に入れるように頼んでみます」

 

つづく。

 

 

りんご最終章 三

Theatre

公演の前日、ロサンゼルスの1930年代に建てられたという
素晴らしい会場でメンバーはリハーサルを行っていた。

午前のリハが終わり、通し稽古は午後に行う事になり、
としこ以外のメンバーは休憩のため、いったん
ホテルに戻った。

残ったとしことコンサートディレクターは、ライブの
進行について打ち合わせをしている時だった。

二人の男性が会場に入って来た、一人は制服の警官だった。
もう一人はコートの年配の男性で警察官らしい。
通訳の方がその年配の人の話を聴いている。

通訳が二人を連れて来た。

「こちらはロス市警のジェラード警部だそうです」

としことディレクターは顔を見合わせた。
突然の警察官の訪問に何事かと不安にかられた。

やや頭が薄くなり痩せて鋭い眼をしたジェラード警部は
重々しく喋り始めた。

としこには「Cancel」という単語だけを聴き取れた。

 

 

ロサンゼルスへ渡米する数日前に、りんごと明の教会での結婚式の段取りがようやく決まった。

ロサンゼルスライブの後に二人の教会での式にメンバーも
出席する事は、何とか事務所の了解を得られた。
ただし、スケジュールの都合で式はライブ当日の午前に
行われる事になり、それが終わってライブは夕方から
始まる事になる。

その前にちょっとした問題が起きた。
りんごをヴァージンロードでのエスコート役の父親が
持病の膝痛が悪化して歩くにも難儀となり、
エスコート役を辞退する事になったのだ。

父は代わりに母親にやってくれと頼んだのだけど、母は、
初めての事だしそんな大切な役目はとても自信が無いと
断ったのだ。

それでりんごは明に相談した。

「ヴァージンロードのエスコート役は誰でも良いらしいよ。
例えば花嫁の友人がやった例もあるようだしね。
どうしても適当な人がいなかったら、花婿が花嫁を
エスコートする場合もあるようだし、俺がやってもいいよ」

りんごはじっと考えてから、
「やはり、明さんにはヴァージンロードでエスコートされる
りんごを待っていて欲しいな」
「わかった。りんごの言う通りにするよ」

りんごは居住まいを正すと、

「今、りんごには家族以外で愛する人が二人居るの。
一人は明さんよ」

明はうなずいた。

「もう一はりんごにとって一番大切な、愛してる人・・・」

「わかった。としこさんだね」

りんごは大きくうなずいた。

「とても良い考えだね。もしとしこさんがいなかったら、
俺たちは結婚出来なかったかもしれないよ」

りんごはすぐにとしこに電話を掛けた。
としこは驚いて、

「ダメよ!そんな大事な役目を私なんかが出来ないわ」
「お願い。お父さんもお母さんも出来ないし、としこしかいないのよ」
「でも・・・」

りんごは明にスマホを渡して出て貰う。

「何とか、エスコート役を承知して欲しいな。
りんごは、としこさんの事をとっても愛してるそうだよ。
そして・・・俺もとしこさんを愛してる。りんご同様に」

「そうなの。同じくらいにね。じゃあその証拠を見せてよ」
「証拠って?」

「本当に愛してるなら、私とも結婚してくれる?」

明は思わずスマホを押えてりんごの顔を見た。
りんごはそれが聞こえたのかどうか、うなずいてみせる。

「・・・もし許される事なら、してもいいよ」

としこは笑いながら、
「ありがとう。嬉しいな。じゃあその時はヴァージンロードの
エスコート役は、りんごにやって貰うわ」

明も思わず大きな声を出して笑った。

りんごが顔を近づけてきて、
「ねぇねぇ、何がそんなにおかしいの?としこも笑ってるし」

「後で話してあげるよ」
としこに、
「じゃあ、OKだね」

「はい。私でよかったら」

「ありがとう。でも、としこさんが本当に結婚したい人は、」
言いかけたが、止めた。

「・・・・」

明はスマホを切ると、
りんごを強く抱きしめた。

そして、りんごと明は家族、メンバーと共に渡米した。
何かが待ち受けている、ロサンゼルスへ。

 


つづく。